延滞している借金の過払い金であっても請求は可能です。 過払い金であれば、何であれ元は債務者のお金であり、取り戻す事は普通の行為、行動です。

しかし、それは建前とも言えます。 債権者を前にして堂々と借金の延滞はあるが、払い過ぎたお金を返せとは言いづらいものです。

このようなケースでは、弁護士や司法書士といった専門家に相談すると良いでしょう。 その代わり、専門家に過払い金返還請求の手続きを代行してもらうと費用はかかります。 しかし、債権者と債務者の間に立って、防波堤の役割をしてくれるメリットは大きいです。

債務者からすれば、債権者はお金を借りている相手であり、弱みのある相手とも言えます。 これが専門家ならそんな事は関係なく、債務者の利益になるよう債権者と交渉してくれます。 延滞している借金についても、アドバイスや解決策を提示してくれるはずです。 そのまま過払い金の返還と債務整理を同時に行える任意整理の手続きを、勧められるかもしれません。

借金の延滞が原因で、過払い金の返還に悩んでいるなら一度専門家に相談してみる事です。 その場で手続きを強制される事はないので、安心してアドバイスを聞いてみてください。

その際には、消費者金融の明細書などを携帯し、引き直し計算を行なってもらい、現在の時点で発生している遅延損害金なども調べてもらうと参考になるはずです。 延滞ありという少し事情が特殊な分、上手に専門家のサポートを受けて解決していくと良いでしょう。

Comments are closed.