消費者金融などからお金を借りるというひとも少なくないのではないでしょうか。もちろん、お金を借りたならば、金利分を上乗せして返済をしなければならないのですが、しかし、ここで注意が必要なのです。
というのも、消費者金融によっては、法律で定められた以上の金利をとるというところもあるのです。そのような過払い金と呼ばれるお金は、返還請求をしなければなりません。
本来ならば返す必要のない、違法な金利なのです。泣き寝入りなどせずに、返還請求をするようにしたいものです。しかし、気になるのが、そのような違法な金利で過払い金を支払っているのに気づいたのが、解約後だったらどうなるのかということです。すでに解約をしているので過払い金を返還してもらえないのではないのかと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、そんなことはありません。きちんと返還請求さえすれば、消費者金融はそれを返還しなければなりません。
かといって、消費者金融のほうでもそれを返したがらないものですので、解約後なので返還に応じられないなどといってくる可能性もあります。そのような場合には、交渉をしなければならないのですが、素人ではなかなか時間的にも知識的にも難しいかもしれません。
ですから、そうした時には弁護士に依頼をするのが一番です。弁護士ならば、このような過払い金の問題についてとても詳しいので、きっとスムーズに解決をしてもらえるのではないでしょうか。

Comments are closed.