ここ最近は少し下火になってきたCM。そう、過払い金をとり戻して生活再建をしようという、弁護士事務所又は司法書士事務所のCM。少し違和感をおぼえているのはわたしだけでしょうか。
そもそも過払い金とは正確にいうと過払い金返還請求であり、グレーゾーン金利の廃止により、
利息制限法を超えて払いすぎていた金銭、利息について、返還請求することが認められました。
5年くらい前がピークであり、大手の消費者金融が会社更生手続きになったり、世間をにぎわしていました。
過払い金を請求するうえで一番気がかりとなるのが、ブラックリストにのること、すなわち信用情報に傷がつくことにより、クレジットカードをもてなくなったり、住宅ローンなどが組めなくなることです。
しかし、完済後に消費者金融に過払い金の返還請求をした場合、一般的にブラックリストにはのらないといわれています。
また、完済後10年が経つと、債券は消滅時効にかかり、過払い金を請求することができなくなります。そのため、消費者金融への
返済を長年継続していて完済されたかたは、少しでも早くこの手続きを行うのが良いといわれています。この手続きで、多くの人が長年の借金から開放され、生活再建を行えた。
ただ、このグレーゾーン金利の廃止により、総量規制などを厳しくしたため、主婦などのローンが組めなくなったり、法律が及ばない闇金などでしか、借金ができなくなり、余計に生活が破たんした方もいることも忘れてはいけない。

Comments are closed.