日本では金融機関が多く存在しており、人々の生活を支えています。
金融機関ではお金を貸し出すサービスを実施していることがあり、困っている時に利用すると一時的にお金の問題が解決します。
しかし、お金を借りた場合は必ず返済することが条件となります。
返済する時には、金融機関が定める金利によって支払利息が発生します。
支払利息は金融機関へ払う手数料と考えることができ、この支払利息はお金を借りている期間が長いほど高額に膨れ上がります。
この支払利息にはいくつかの問題があります。
それは、複利の効果で雪だるま式に増えて行くことです。
例えば借り入れ金10万円で金利が18%とすると、一年間で1万8千円の利息が付きます。
次の一年では借り入れ金10万円と利息の1万8千円を合わせて計算するので、より大きい利息になります。
つまり放っておくことで多額の負債を抱えてしまうことになります。
この複利の効果で増えていく利息には、過払い金と呼ばれる通常は支払わなくて良いとされる利息が含まれることがあります。
過払い金が発生するのは長期間の借り入れを行っている場合に限定されますが、金融機関に過払い金の返還請求をして取り立てることができます。
過払い金の返還請求は弁護士を通じて行うことが効果的です。
弁護士は過払い金を計算して、金融機関を相手に返還請求をしてくれます。
返還請求が成功すれば、取り立てたお金を借り入れ残高に充てて返済することができます。

Comments are closed.