過払い金を取り戻す行為または手続きは、一応債務整理の範囲となっています。 任意整理は、よく債務整理関連の文章で見かけますので、多くの人に債務整理の手続きの1つと認識されているはずです。 過払い金返還請求も同じで、れっきとした債務整理です。

よって過払い金だけを取り戻す手続きを行なうと、債務整理で起こるペナルティを課せられる事となります。 具体的にはクレジットカードの作成、大きなローンの契約などが一時的に困難になるというデメリットです。

払い過ぎた分のお金が少額だった場合、人によっては返還請求はよく考えてから判断するべきかもしれません。

少額の過払い金を取り戻す事で、個人信用情報機関に掲載され、クレジットカードやローンの制限を受ける訳です。 返ってくるお金と、請求後の制限を天秤にかけて返還請求がデメリットとなる方はおられるはずです。 例えば教育ローン、住宅ローンを考えておられる方々です。 どちらも過払い金を取り戻すと利用できない可能性が出てきます。 特に住宅ローンなどはタイミングが重要となります。 1万、2万ほどのお金を取り戻す事で、住宅ローンを組むタイミングを逃す可能性をイメージするとわかりやすいです。

払い過ぎたお金とは元は債務者だった人のお金で、手元に残っているはずのお金であり、債権者が率先して返還に応じるのが筋です。 しかし、現実には正しい手続きで取り戻しても、デメリットが生じるのは紛れも無い事実です。 この辺りの事を判断するには、実際に引き直し計算などを行なって過払い金を把握すると良いでしょう。 引き直し計算後、デメリットのほうが多ければ返還請求は控えるほうが後の人生にとって良い選択となる事もあるのです。 債務整理の参考意見として捉えていただければ幸いです。

Comments are closed.