お金に困っている時に金融機関の借り入れサービスを利用することがあります。
この借り入れサービスは金融機関の貸し出し審査に申込むことで利用できます。
お金を借り入れる時に注意しておきたいのが金利率による支払利息です。
金利率とは、金融機関が定める年間利回りのことです。
借り入れ金額に大小によって金利率は変動します。
支払利息とは、金融機関へ払う手数料と考えられます。
支払利息はお金を借りている期間が長いほど高くなり、返済せずに放っておくことで複利の効果で大きな負債になります。
例えば100万円を金利率18%で借りた場合、一年目の利息は18万円となります。
二年目の利息は100万円に一年目の利息18万円を合わせて計算するので一年目よりも利息が高くなります。
これを複利の効果と呼びます。
長期間の借り入れ放っておくことで、雪だるま式に利息が加算されていき大きな負債を返済していくことになります。
長期間の借り入れをしている場合、過払い金を払っていることがあります。
過払い金とは、本来は支払わなくて良いとされる利息のことです。
利息には通常金利のライン、グレーゾーン金利のライン、違法金利のラインというように分かれています。
長期間借り入れを行うことで複利の効果で利息が増えていき、いつの間にかグレーゾーン金利のラインに入っていることがあります。
このラインは過払いとなり、弁護士に相談して過払い金の請求ができます。
弁護士は過払い金の金額を適切に計算して請求してくれます。

Comments are closed.