過払い金には時効がありその期間は10年間とされています。すでに完済していてもその取引が行われた日から10年以内であれば過払い金が返ってくる可能性があります。
最後に取引した日から10年以上が経過してしまうと過払い請求が難しくなってきますが、たとえば10年前に一度完済していてもその半年後に再び同じ業者に借入を行った場合は過払い金返還の請求が可能になります。最後に取引があってから以後に取引があれば時効とされている期限が経過していても過払い金を取り戻すことが出来ます。現在でも取引を続けている場合でも、過去に取引を終えて支払って10年経過したものに対しても過払い請求が出来る仕組みです。
しかし最後の取引から再び取引を行った場合の空白の期間が長い場合は、最後の取引は別物とみなされて、10年経過していた場合は過払い金が消滅してしまいます。最後に完済してから再び次の取引が行われる間はあまり長期にならない方が望ましいです。しかし次の取引から行われた支払に対しての過払い請求は出来ます。
途中で一度完済した場合の前後の取引は連続したものとみなされるか、別物とみなされるかは取引のなかった期間だけでの判断にならず、その前後での取引の契約内容が判断の上で重要になってきます。この判断は一概に取引のなかった期間だけでは判断出来ないので、期間が空いているからとあきらめてしまう前に弁護士に相談してみると過払い金が戻る可能性も見えてくるかも知れません。

Comments are closed.