今でも、消費者金融、カードローンの過払い金の返還をすすめる広告をよく見かけますが、本当に出来るんでしょうか。
実は難しいかもしれません。
過払い金とは利息制限法の定める利率を超える高利を支払った場合に生じるものなので、平成22年の貸金業法及び出資法改正以降は利息制限法の定める金利を超える金利、グレーゾーン金利を徴収している金融業者はなくなっているので最近の貸付では生じていないはずです。
つまりそれ以前に契約して、利用した貸付でなければなりません。
しかも時効がありますので、その契約が今も継続して続いていなければ請求できません。
しかも過払い金請求はその手続きの為に弁護士費用が生じますので、返却される過払い金がかなりないと割に合わないことになります。
そう考えると、かなり長期間にわたって高額な金利を払い続けて元本を中々返済できず、結果として大変な過払い金を払った人で今もその状態が続いている人限定になります。
なお過払い金請求は実際には任意整理のことですので、そのデメリットもあります。
信用情報機関に任意整理したという記録が載ってしまいます。
つまりいわゆるブラックリストに載ってしまうわけです。
この情報は5年間消えませんので、その間は新たな借り入れが出来なくなります。
クレジットカードなども解約されることがありますし、そうでなくても期限のときに新しいカードの発行がされない可能性があります。
もちろんカーローンなども組めなくなります。
総合的な得失をよく考えて慎重に利用する必要があります。

Comments are closed.